ダージリンティーのお話 その2

茶園によって収穫回数などは様々ですが、ダージリン地方は年に4回が一般的です。

3月~4月 (ファースト・フラッシュ)香りは高いが、すい色はレモン・イエローから淡いオレンジ色の淡いものが多く、フレッシュな緑茶に似た風味で苦味の強いものも多い。
5月~6月 (セカンド・フラッシュ)トップ・クォリティー・シーズンといわれ、味、香り、すい色、外観ともに最高品質の茶が生産される。
7月~9月 (サード・フラッシュ)ダージリンにモンスーンが訪れ、雨季となる。

茶は湿気を多く含むので、外観は黒色の物が多く、味、香りとも、一般的なものとなる。10月~11月 (オータムナル・フラッシュ)乾季となり、僅かの期間にオータムナルと呼ばれる、香りの良いヴィンテージ茶が少量収穫される。

それぞれ特徴があるのでどれも楽しめます!ちなみに、写真はウエッジウッドのインディアです。

この記事を書いた人

松下 和正のアバター 松下 和正 ゆめだま紅茶 代表

姫路市二階町でゆめだま紅茶やってます。姫路では数少ない紅茶専門店です。こだわりの紅茶をぜひ飲みに来てください。

目次
閉じる