マローブルー

青い液色が幻想的なハーブ。

イガイガやムカムカを感じる時に花びらをお湯に浸すと美しい青色から薄紫色に変化し、さらにレモン汁を加えると一瞬にしてピンク色になるマローブルー。
朝日が昇る前の空のようなドラマティックな色の移り変わりから、「夜明けのハーブ」とも呼ばれています。

粘液質やタンニンを豊富に含んでいるため、口の中やのどの調子が気になる時にティーにして飲むのがおすすめ。粘液質に由来するとろみとクセのない味わいも魅力です。
咳が止まらないときや、痰が絡むとき、喉がイガイガするときなどに飲むとよいでしょう。タバコの吸いすぎによる咳にも有効です。

粘膜を保護する作用もあり、胃炎や腸炎など消化器系の症状にも効果的です。その他、便秘やニキビ、花粉症にも有効とされています。

学名 Malva sylvestris英名 Blue mallow(ブルーマロウ)別名 ブルーマロウ和名 ウスベニアオイ科名 アオイ科 ゼニアオイ属分類 多年草原産地 ヨーロッパティーに使う部分 花主要成分 粘液質、アントシアニジン、タンニン

この記事を書いた人

松下 和正のアバター 松下 和正 ゆめだま紅茶 代表

姫路市二階町でゆめだま紅茶やってます。姫路では数少ない紅茶専門店です。こだわりの紅茶をぜひ飲みに来てください。

目次
閉じる