アッサム オータムナル デジョー茶園

アッサム州、ラクヒムプール地方の北ラクヒムプールに広大な茶園があります。ctc製法の茶園が多いアッサム地方ですが、昔ながらのオーソドックスな製法で作られています。その紅茶は甘い香りに満ちコクのある紅茶です。今回は秋に摘まれた紅茶をご用意しました。

アッサム地方

1823年、当時ビルマ領のアッサムの奥地に滞在していたイギリス人ロバート・ブルースによってアッサム種の茶樹が発見されました。中国種の茶樹と比較するとアッサム種は数倍大きく、カテキン成分が高いのが特徴で紅茶向きの品種です。
アッサム地方はイギリスの支配の下、大規模な開拓が進められ現在では、世界一の紅茶生産国インドの生産量の約半分を占め、世界最大の紅茶産地として世界中に知られています。

ゆめだまテイスティングノート

アッサムの秋摘は個人的には珍しいのではないかと思います。水色は濃いめの緋色をしていて、その口当たりは花畑にいるよう。少しニルギリティーに近しい渋みがり、しっかりとしたタンニンを感じます。秋摘なのでコクが深いのかと思いましたが、思った程ではなく、しかし、余韻は長く続きます。アッサムの夏摘とニルギリのクオリティシーズンをブレンドしたような印象を受けました。